お疲れ様です。あんちゃんです。

数々の映画、ドラマ、CMなどで活躍された樹木希林さんが亡くなりましたね。

存在感抜群の演技だけでなく、生き方から歯に衣着せぬ物言いまで、多くの人の心に残る方でした。

個人的に大好きな女優さんの1人だったのでもう、あの演技を見れなくなるのかと思うと悲しい気持ちでいっぱいです。

IMG_6231

私生活でも旦那である内田裕也さんとの独特の夫婦関係も勉強になるものが多かったです。

DV癖があり女性トラブルなどで世間を騒がせた破天荒でめちゃくちゃな旦那に対して。

「世間の人は私をDVの被害者だと思っているかもしれませんが、内田には感謝しているんです。」と語り。

強い自我や感情を抱え苦しんでいた自分には更に強い自我や感情を持つ内田氏と出会う事で落ち着く事が出来たし救われたと語っていました。

又、長い別居生活の中で「来世は会わないよう気を付けたい。」と話しながらも旦那に対して「全部好きです。全て何もかも好きです。」と語っています。

普通の人には理解出来ない感覚。

2人だけの独特の夫婦の形。

そんなものを感じましたね。

また、死への覚悟に関しての質問に対しては「常に思っている。皆さんは、果てしなく生きると思っているでしょ?今はいつ何があってもおかしくない。畳の上で死ねたら上出来。」と語っていた。

深い言葉だなと思いましたね。

いつか死ぬってのは皆、頭では理解しているけどホントの意味で理解してる人は少ないと思うんですよ。

人間の致死率は間違いなく100%ですからね。

明日が来るのは当たり前じゃなくて来ない日はいつか来るし。

今、急な心筋梗塞なんかで死ぬかもしれないし。

明日、車に轢かれて死ぬかもしれないですから。

今を生きるってのは凄く大切だと思うし。

悔いがない人生なんてないかもしれないけどそれでも今、生きてる事に感謝しながらやりたい事を目一杯にやった方がいいってのは思いましたね。

畳の上で死ねたら上出来ってのも幸せの基準が高くない。

小さな事にも感謝しながら生きてきた人として謙虚な姿勢のようなものを感じました。

オシャレな服でいくら着飾っても美味しいものをいくら食べたって本当に自分にとって必要なものなんて実はそんなにないのかもしれませんね。

「ガンが有難い。」 

「ガンに感謝。経験してなければろくに死に向き合おうと思わなかった。」

全身ガンと診断されて樹木さんが語った言葉です。

どんな事柄もポジティブに捉える姿勢は見習いたいと思いましたし。

かっこいいなって素直に思いました。

やった事がほんの僅かだもの。やり残した事ばかりでしょう。きっと。1人の人間が生まれてから死ぬまでの間、本当にたわいもない人生だから、大仰には考えない。

自分の好きな樹木さんの言葉の1つです。

人生をたわいもないものだと言い放ち。

女優としても人としても我が道を突っ走った樹木さんですが思えば波乱万丈でしたが充実した生涯だったように思います。

ご冥福を心よりお祈りします。

以上です!

ではまた!



















 
スポンサードリンク
  1. 前の記事: 【クラクラ】褒めて伸ばす!なるべく嫌われたくない人の為のアドバイス術。
  2. 次の記事: 【クラクラ】クラクラブログが急増中?そんな今だから伝えたいブログを続けるコツと面白さ。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット